ロンドンテロから2年なので旅の心得を

Pocket

2017年3月22日ロンドンでテロが発生したとき

私はロンドン旅行中だったので

経験を活かした旅の心得をひとつ。

 

あの日は16時頃ホテル近くのカフェにいて

在英日本大使館からの緊急メールで事件の発生を知りました。

在英大使館からのメールとな!?

というのも海外旅行の際に外務省の「たびレジ」に

行先、期間、メールアドレスを登録すると大きなメリットがあるからです。

たびレジ

 

1.出発前から現地の安全情報が得られる

2.旅行中でも最新情報が得られる

3.現地で事件事故に巻き込まれても素早く支援が得られる

今回は2が該当します。

第一報メールはこんな内容です

しかも発生から約2時間後にメールという迅速さ!

その後の行動にとても役立ちました。

私はまだイギリス英語がよくわからないから情報弱者だし。

日本のネットニュースはリアルタイムで得られないし。

だから帰国まで何通か必要情報と注意喚起メールが来たので助かりました。

 

 

政府にサポートしていただけるのですから

「しっかり税金を払いますよ!」って気持ちにもなりますww

今後もしっかり払いますよ!

 

竹田和平さんが仰ってますね「進んで納税。明るい日本」

日本は素晴らしい国。

トイレに飲める水が流れている。

電車で寝ても平気だし

 財布を落としても交番に届けられてて

ホームやデパート、カフェで椅子の脇などに忘れ物をしても盗まれず、

届けられる、もしくはそのまま置いてあったりする

(おフランス旅行で友人がホームのベンチに忘れて、30分後に戻ったときには跡形なし。)

あ、あとね、街中でトイレを探すのに困らない!

だからしっかり納税します。

あ、脱線しましたw

 

私はロンドン旅行は全て自己手配なので、

一応、海外旅行保険、クレカ、ホテル、大使館などの住所と電話番号を

メモしたアンチョコ(死語?)を持ち歩いています。

ですが、こんな時は第一報をいかに早く得られるかがカギだと思いました。

 

結論:旅の心得「その1」

海外旅行の際は「たびレジ」に登録は必須!!

言語が出来る、出来ないに関わらず、必須!!

以上、ikkoでした。

 

ロンドンテロ詳細

後日談として

映画007のファンなので

スペクターのクライマックスシーンのロケ地である

ウェストミンスター橋を訪れたかったので

2018年12月にリベンジしました。

テロ現場のウェストミンスター橋は今

車が歩道に乗り入れないよう

ガードレールが設置されています。

before 2017年2月
after 2018年12月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。