Pocket

jersey boys

初めて見たのは映画版で、virginatlantic の機内エンターテインメントです。

ロンドンへの12時間のフライト

旅行が楽しすぎて機内では眠れないので

エンターテインメントを鑑賞するしか方法がないのです。

読書という方法があるけど、何故か集中して読めない……

他に退屈しのぎになるのはクロスワードパズルかな。

せっかく大好きなvirginatlantic に乗ったのだから

映画を観ないのはもったいない。

だから片っ端から見ることにして、

そのうちの1本がJerseyBoys

最初は「あんまり面白くないなー」って

我慢して観てたら

主人公フランキーの初ステージの歌声にドン引きしまして……

「変な声」

「上手なのか、下手なのか分からない」

「アタシが素人だから彼の声の良さがわからないんだ」

「クリント・イーストウッド監督、ゴメンなさい」

見事にネガティヴな感想です。

けど、物語が進むと馴染みある曲

タモリ倶楽部のテーマソングが!

ボブ・ゴーディオの曲だなんて、映画を見て知りました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。