幸せの正体

Pocket

幸せとは頂点の状態でいる事だと思ってた。

幸せ=リア充

リア充になりたくて色々とあがいていた。

あがいても何かが足りないと感じ、さらにあがく。

自分は苦労しないと幸せになれないと思ってた。

他人を羨ましいと思い、

けど、同じ土俵に立ってはいけない。

でもやっぱり羨ましいと思う。

習い事したり、自分探しの旅に出たり。

まさに心のラットレース。

それは違うってわかった。

今、この状態が幸せなんだ。

幸せでも躓いたり、転んだりするって知らなかった。

毎日、飛び立ち、帰ればランディングする。

明日になったらまた離陸する。

その繰り返し。

これに気づいたら胸のつかえが取れた。

目の前の霧が晴れた。

おそらくそれは今迄潜在意識では知っていたのかもしれないけれど

腹に落ちた。

パッカーンときた。

幸せだと思うと、幸せの証拠がやって来た!

この国生まれたこと。

今日も一日、無事に仕事を終えたこと。

無事に給料日が来たこと。

体重増加を気にしながらも、お腹いっぱいご飯を食べられたこと。

友達と楽しい会話をしたこと。

苦しみながらも英語を勉強できること。

etc ……

幸せだと気付くと人生面白い。

ワクワクする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。