ストーンヘンジに込めた想い

Pocket

誰にでも憧れの場所。いきたい場所があると思います。

私は世界遺産のマチュピチュとストーンヘンジです。

中学生の頃、音楽雑誌「GB」を買い、好きなミュージシャンの記事をファイリングしていました。

今でも大切に保管してあります。

かなりな田舎に住んでいるので物理的にLIVEには行けないので

記事をファイリングするのが生き甲斐でした(大袈裟な・・・)

その中の1人が白井貴子さん。

当時ロックの女王と呼ばれていてカッコよかった。

オールナイトニッポン、ヤンタン、録音しながら聴いていました。

かわいいし、スタイルがいいし、サウンドも声も好き。

めちゃ憧れてました。

その彼女がロンドン滞在しストーンヘンジを訪れた記事んだのです。

ウブな(笑)田舎の女子ですから初めてみる遺跡に興味津々!

人間の2倍以上高さで横幅もありそうな巨大な石。

それをどうやって円形に建てられたのか?

挙句に果てには夏至の朝にはヒールストーンと呼ばれる石から朝日が昇る精密さ。

驚きです。

彼女と同じ場所に行きたいと思いました。

また、思春期で両親とうまくいっていなかったので、早く自立したいと鬱々としていた気持ちも加わり、必ずこの場所に行くのだと決めたのです。

そんな気持ちが込められた場所がストーンヘンジ。

私の叶えたい夢第1号が誕生しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。